リサイクルショップもインターネットの時代

自宅にいながら不用品を買取に出せる!

リサイクルのネットショップでは自分の手元にある不用品を、ダンボールなどに入れて買い取って欲しいお店に送って査定してもらうというシステムで買取を行っています。
まずはインターネットを使って会員登録。
リサイクルのネットショップのサイトの買取ご希望の方へ向けたページを見てみると、箱のサイズや重さの制限内であれば買い取って欲しい物と必要書類を一緒に入れて送るだけで、到着先で相手が査定してくれるようです。
そこで合意が得られれば、登録の振込先に査定額分が振り込まれるという仕組みが多いとのこと。
もちろんそこで納得できない!というときは返送をお願いすることもできます!

この方法を使うといちいち大きな荷物を車に運んでお店まで持っていって、もし査定をお断りしたらまた自分で荷物を車に入れて、別のところに行くといったことが主だったことを考えるとだいぶお気軽に取引することはできるのではないかと考えます。

遠くで売られた物の情報から購入できる!

もしも自分の欲しい物が、近所のリサイクルショップになかったとしても、もしかしたら全国のどこかにそれを売った人がいたかもしれない…。
こんなことがあっても、これまでは自分の足でいける範囲の商品しか把握することはできませんでした。
例えば、北海道のSさんが欲しい物が周りには全然なくて困っていた。
でも沖縄のTリサイクルショップにそれがあるということがわかってもお店が遠すぎて買いになんていけない!ということも。
ひどい場合はどこかで売りに出されたことも気がつかないまま…。
ですが、ネットのリサイクルショップなら、サイトにアクセスすると全国チェーンの各店舗で買い取った商品の情報がたくさんアップロードされていて、遠い店に売られたものもいち早くチェックすることができてしまいます。